2009年11月26日

住宅用火災警報器を設置しよう

091126.JPG住宅用火災警報器、法律により新築住宅で設置が義務つけられたのが平成18年の6月。

既存住宅は市町村の条例によって異なるので、すでに義務付けられたところから、川崎市のように平成23年6月とまだ先の地域もあります。

まだ先だからといって、そのままというよりは、家族の安全確保のために早めに設置したほうがよいでしょう。

かくいう私もよく行くスーパーで売っている火災警報器の値段を見て、安くなったら買おうと思っていて、先日普段は3800円で売っていたものが在庫処分ということで2600円で売り出していたので、これは底値だ!ということで3つ購入しました。

しかし、底値かと思いきや、ネットでは1つ2100円で売り出しているところもあるんですね。。。ちょっとびっくりです。

義務化になった平成18年当時は1万円からせいぜい8千円くらいしていたものが、いまでは3分の1から4分の1程度まで値下がりしていて需要と供給のバランスなのか、デフレの一環なのかわかりませんがずいぶん下がるものだと思いました。

それにしても、素朴な疑問として、なぜ市町村の条例で決められるのか、それが不思議です。しかも、法律では設置しなければならない場所に台所は入っていないのですが、条例で義務付けされている市町村もあり、結構対応がまちまち。
設計の仕事をしていて、初めての場所では消防署の予防課に問合せしたりしています。

また、火災警報器の設置に絡み詐欺や押し売りも横行しているようで注意が必要ですね。

設置場所など詳しくは政府広報オンラインで→こちら
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
ブログセンター

posted by クリエ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 法規・法令
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33865409
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック