2009年11月25日

川崎市宮前区 S邸 その6

091125.JPG昨日は十二直の「ひらく」で、建築、移転、開店、すべて吉という日で絶好の引き渡し日。日が良いので、本格的な引っ越しは翌日25日の予定でしたが、とりあえず少し荷物を運んでみるそうです。

立ち会いは9時半から。
何をするかといえば、主にいろんなものの使い方などと、書類や鍵の受け渡しなど。

一昔は使い方といえば照明のスイッチとテレビや電話のコンセントくらいでしたが、いまやあらゆるものが電気(電子)機器で制御され便利である反面、使い方を覚えるのに一苦労します。

最初から全てを説明して覚えてもらうのも大変なので、詳しくは取扱説明書を読んでくださいね、ということでポイントを押さえた説明で流しながら進めていきます。それでも2時間たっぷりかかりました。

機器の説明以外にも監督がこんな説明をしてました。
たとえば壁に時計などを掛けるとき、壁は石膏ボードの12,5mmで出来ているので、その倍の25mmくらいの長さのビスでは垂れてきてしまうので35mmくらいの長さのビスを使ってください。天井から3センチまでは(枠組み壁工法なので)どこでもビスが効きます。それ以外の場所は455mm間隔で柱(38x89mm)が入っています。重たいものを掛ける時などで、困った時は連絡ください。。。
それから、冷蔵庫置場の上部の壁には合板下地を入れてあるので、転倒防止の金具や棚などを取り付けられます。などなど。

一通り説明が終わると、施工業者との引き渡し関係の書類を取り交わし、最後に玄関のカギを「工事キー」から「本キー」に変えて終了しました。

「工事キー」と「本キー」を形を比較して、この鍵を差し込むと「工事キー」は使えなくなるんですというと「そうなんですか!」とちょっと感動。二つある鍵の差し込み口の上に封印してあるシールを剥がして「本キー」を差し込みました。
鎌錠がカチャッとかかり、Sさんに建物が渡された瞬間です。

打ち合わせを始めたのは3月、長いようで短かった9か月でした。

画像は、昨日撮影のS邸のLDK。
キッチンのコンロの上部から撮影したもの。
22帖の広さがあります。スケルトンの階段でリビングとダイニングを分けていて、リビングスペースは8帖。リビングの右奥は小上がりになった4.5帖の和室があります。
正面の壁はこげ茶のクロスを貼ったアクセント壁。大型テレビを置けるように窓は左右に小さめに配置しました。(買ってきたばかりのソファーが置かれてました)

宮前区S邸、これまでは主に性能について書いてきましたが、これからは計画についても書いていきたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
posted by クリエ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 川崎市宮前区 S邸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33846561
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック