2009年04月26日

大丈夫?日本

090426.JPG100年に一度の大不況!!
そう言われる現在、ある意味貴重な経験を踏んでいるのかもしれません。
アメリカにその原因があり、日本がその被害を一番受けていない状況で、日本が世界同時不況から一番先に脱出するなんて言っていたけど、最近の経済データなどを見ると「日本の独り負け」なわけで、輸出に頼ってきた日本経済システムの弱さが見えてきたような感じがします。
私は、経済を勉強したこともないズブの素人ですが、本当に日本は大丈夫なのかと、国家の財政破綻なんてことにならないのかと不安な思いが募ってます。

今の日本の財政事情を一つのサラリーマン家庭に例えると、
年収500万円しかないのに、毎年800万円使い、その差額300万円は借金で、借金の総額は7000万円となって年々膨らんでいる・・・。
まあ、これが現実に成り立たないことは明らかだし、日本という国家の信用があってなんとか出来ている状況なのでしょうが、アルゼンチンやソ連のように財政破たんしたっておかしくないのではないでしょうか?
さらに悪い数字として、債務残高のGDP比が危険水準と言われる150%をゆうに越え170%と先進国の中では断トツの悪さ。それもバブル崩壊の90年代から急速に悪くなってきています。

個人的な印象ですが、役人も政治家も目先のことや、自分のことしか考えていない(もちろんちゃんとやっている人もたくさんいると思いますが)ために、こんなに悪化の一途をたどっているように思えてなりません。

定額給付金も国民の借金!言い換えれば孫子からお金をもらっているようなものだし、不景気対策と称した大盤振る舞いも、孫子へ押しつける借金にほかなりません。
今現在主導している政治家連中は、その債務を負うことはないのだし、自分の政治家生命の維持が最大の目的とばかりに、目が向いているのは選挙選挙です。

まあ、そういう政治家を選挙で選んでいるのは国民なわけだし、文句ばかりも言えないのかもしれませんが、どうにかならんものかと思うわけです。。。

グラフは財務省のHPより。
「財務省 日本の財政」の検索ワードで見れます。
素人向けに分かりやすく説明されています。


ところで、F1。
予選でトヨタがワンツーです。
今日の決勝が楽しみ。個人的にはブラウンGPを応援したいですね。
posted by クリエ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月12日

上棟しました

0412-2.JPG0412.JPG先月23日に近くを通る目黒線の交通振動緩和のために地盤の置き換え工事をしました。置き換えたものは、商品名はついていますがものは発泡スチロールです。
えぇっ!発泡スチロール?という感じですが、きちんと建物の重量が乗っても大丈夫なように作られているので、大丈夫なんです。
単純に考えると、船が水に浮くように、建物も地盤の上に浮いているということができます。土の重さは1立米あたり約1.6トンですから、もともとあった土を発泡スチロールのような軽いものに置き換えるとそこの地盤では浮力が発生します。そこに建物を載せるというわけです。
簡単にいえば、軽いものを間にはさんで、地盤に対しての負担を軽くするということですね。これが地震や不動沈下や交通振動にも効果があるということなんですね。

それから2週間ほどたって、壁式RCの部分が終わり、10日に上棟することができました。
今まで図面で見てきたものが、実物となって、骨組みだけですが登場したわけです。
その大きさは、隣の家を見ると明らかで、今まで同じくらいのボリュームだったのが、5割り増しくらいの感じに見えます。
「これ、違反じゃないよね・・・」なんて冗談が飛び出す程です。
道路より1m地盤が高かったおかげで出来たこの計画、土地の状況を余すことなく活用した家になったと思います。
こうなってくると、完成が待ち遠しいですね。
まだ決めなきゃならないこともたくさんあるけれど・・・。

話変わって、妻の実家の隣の工事。
実家のすぐ前の家は完成したようなのですが、目隠しがまだされていなくて、こちらの窓と窓が睨めっこ状態のまま。
約束したのだから、守るとは思うのだが、なんだか不安です。
頼みますよべ●ハウスさん!
そういえば、お父さんがこちらの塀に勝手に境界プレートを付けていったって怒ってました。無断で付けるなんて考えられません。
最初はいい顔して、とにかく工事を進めたい、ということだったんでしょうね。いざ工事になると、いい加減なところが見えてきましたね。
重ね重ね、頼みますよべ●ハウスさん!
posted by クリエ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷 M邸